理学療法士の求人を探すまで

理学療法士の求人を探すまで

main-img

理学療法士の仕事というのは、やりたいと思ったらすぐに始められるものではありません。実は国家資格が必要になるため、専門の大学や短大に行って、資格を取るための勉強をしましょう。無事に学校を卒業して資格を取って初めて、理学療法士として働けます。資格を取得したら、いよいよ理学療法士の求人を探す段階です。求人は、学校の就職支援センターを利用して探すのも1つの手です。各学校によって就職支援の内容が異なるため、注意が必要です。
そこで大学や短大を選ぶときには、カリキュラムばかりに注目するのではなく、就職支援状況や採用状況を把握したうえで学校を選びましょう。



卒業生の就職先に注目することも忘れてはいけません。



また求人を探すときには、学校の就職支援に頼るのではなく、自分で求人サイトを活用して情報を集めるのも1つの手です。

学校の就職支援の場合、紹介してもらえる募集情報は、学校がある地域に絞られます。
ですが人によっては、里帰りして就職したいなど、学校とは異なる地域で働きたいケースも見られます。

そのようなときに求人サイトを活用することで、さまざまな地域の理学療法士の募集情報が簡単に集められます。



理学療法士の職場と聞くと、病院をイメージする方が多くいます。

ですが実際には、介護施設や障がい者施設、さらには行政に関わる仕事もあります。漠然とこの仕事がしたいと考えるのではなく、それぞれの職場ごとの働き方の違いを把握し、自分にあった働き方を見つけましょう。

納得の情報

subpage1

多方面で活躍している理学療法士とはPhysicalTherapistの和訳であり略してPTと呼ばれることも少なくありません。怪我や病気などが原因で身体に障がいがある人や今後障がいが発生すると予測される人に対して、医学的なリハビリテーションを行って支援する仕事です。...

more

納得の真実

subpage2

日本では高齢化が進んでいます。そのため、体のケアのために以前より、病院に通うことが多くなったという人もいるでしょう。...

more

情報分析

subpage3

理学療法士は医療分野だけでなく、介護分野でも活躍しています。政府の方針により、維持期のリハビリテーションは医療保険制度ではなく、介護保険制度を優先する方針が出されており、介護分野における理学療法士の需要は今後も増加していくことは間違いありません。...

more

身に付けよう

subpage4

言語聴覚士は話すことや聞くこと、食べることに関する検査や指導、リハビリテーションなどを提供する資格です。そのため、脳卒中の後遺症に対するリハビリテーションが必要な医療機関や介護施設などからの求人が多いのが特徴です。...

more