言語聴覚士の求人事情 - 理学療法士の求人を探すまで

言語聴覚士の求人事情

言語聴覚士は話すことや聞くこと、食べることに関する検査や指導、リハビリテーションなどを提供する資格です。

そのため、脳卒中の後遺症に対するリハビリテーションが必要な医療機関や介護施設などからの求人が多いのが特徴です。
言語聴覚士の求人でもっとも多いのは医療機関です。


主にリハビリテーション科が設置された総合病院やリハビリテーション病院、療養型医療施設などが募集を行なっています。
患者の中心は脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの病気によって後遺症がある患者であり、言葉を話すことや理解すること、食事を上手に飲みこむための訓練などを行ないます。

急性期から回復期の治療では適切なリハビリテーションが提供されるかどうかで、患者の後遺症の程度は大きくかわります。責任は重たいですが、やりがいのある仕事です。


個人経営の医療機関では耳鼻咽喉科や歯科医院が言語聴覚士の求人を多く出しています。耳鼻咽喉科では、聴力が低下している人に対して聴力検査や補聴器外来での対応などを行います。



また、嚥下に問題がある患者への評価や訓練、生活指導などを行ないます。



歯科医院では、在宅への訪問サービスや施設への出張サービスのスタッフとして雇用されることが多いです。


患者の多くは重度な介護が必要な高齢者であり、口腔ケアの方法を本人や家族に指導したり、寝たきりの人などに定期的に口腔ケアを実施し、肺炎などの合併症を予防します。



介護施設では規模が大きな老人保健施設が求人募集を行なっています。
リハビリテーションに力を入れている施設がほとんどで、脳卒中の後遺症によって失語症がある人や、嚥下機能に問題がある人に対して適切なケアや訓練を行ないます。