介護分野で多く見られる理学療法士求人

理学療法士は医療分野だけでなく、介護分野でも活躍しています。
政府の方針により、維持期のリハビリテーションは医療保険制度ではなく、介護保険制度を優先する方針が出されており、介護分野における理学療法士の需要は今後も増加していくことは間違いありません。介護分野における理学療法士求人の種類と内容について説明します。



入所施設では老人保健施設が多くの求人募集を行なっています。


老人保健施設は医療と介護の中間施設といわれており、生活リハビリテーションを行うのが目的の施設となります。

法律が定めた人員配置基準により、理学療法士または、作業療法士、言語聴覚士のいずれかを配置する必要があり、歩行や生活動作のリハビリテーションが得意な理学療法士を採用する施設が非常に多いです。
リハビリテーションによって元気になることで在宅復帰できる利用者もおり、やりがいを感じることができる仕事です。

通所サービスではデイケアの求人が多く見つかります。

デイケアは正式名称を通所リハビリテーションと言い、病院やクリニックなどの医療機関や、老人保健施設が運営を行なっています。



在宅で生活している高齢者が施設に通ってリハビリテーションや入浴サービス、食事サービスなどを受けます。
在宅で生活している高齢者のため、しっかりしている人が多く、コミュニケーションを楽しみながらリハビリテーションの提供を行なうことが出来ます。



在宅でリハビリテーションを提供する訪問リハビリテーションの求人も増加しています。外出することが難しい高齢者に対して自宅に訪問してリハビリテーションを提供する仕事です。

利用者やその家族と信頼関係を築くことで、楽しく働くことが出来る仕事です。